日記 >2013年12月18日

5歳の甥っ子と劇団四季ミュージカル「ライオンキング」を観に行ってきた

2013-12-28

今年の9月に買った「ライオンキング」
やっとこさ12月になり観劇へとゴー。


甥っ子も事前にアニメを見せられ、内容もインプット済み。

ただ不安なのは、5歳児ならアリアリな
観劇中の「おしっこ」攻撃。

それに増して心配なのは、
姪っ子2歳がじっとしててくれるかどうか。

そうワタクシ達は6歳まであと3ヶ月の5歳と
2歳なりたて、ほぼ1歳の幼児2匹連れという

周りの大人観客から

”要警戒レベル”

扱い確実な、御家族一同様なのでした(笑)


会場入口に、おおきな看板がドーン

劇団四季ライオンキング

ここは記念写真ゾーン化しておりまして、もちろんワタシ達も1枚撮りました。

[入口にはツリーも]
劇団四季 クリスマスツリー

クリスマスシーズンだったのでツリーも設置あり。
ゴージャスな色合いでキレイでした。


入場の時渡された、お子様の観劇についてのパンフ

観劇中にしたら他の方の迷惑になりますよ という事を書いてます。
ま、立ち上がるなとか喋るなとか常識的な事です。

劇団四季 子供用パンフレット

ライオンキングは、ファミリーミュージカルとはいえ
基本的にお客さんの8割以上は大人なんで、子供連れは少なめ。

そのせいか、入場と共にすぐスタッフが飛んできて
色々な説明をしてくれるのが、親切・・

というかプレッシャーだったよ。


子供連れの為に用意されてたもの

ベビーカーや細かいベビーグッズなどは
お願いすれば、クロークで預かってくれました。

劇場内には、子供が泣いたり騒いだら避難できる
「親子観劇室」なるものも。

スタッフさんが言うには「落ち着くまでの一時的な場所」
だそうで、1階座席の1番後ろにあります。

後、幼児の座高調整のための
「座席クッション」も貸してくれます。

私はクッションあるの知ってたから
クロークで借りようと思ってたのに、忘れてそのまま座席へ。

するとササっとスタッフのお姉さんが近づいて来て
「クッションを座席までお持ちします」とのこと。

持ってきてくれてからも、座り方なども教えてくれ超親切。
観劇後も「返却せずに座席に放置してていいですよ」だって。


そのクッションは長方形型で、座席の半分部分が高くなる仕様。
子供が靴を脱いで上がると、体育の時間の三角座りみたいになる。

なので「前のめりになり過ぎると落ちますよ」と警告されました。

普通に座ってるよりは、目線はかなり高くはなるので
便利なんだけど、前に座高が高い大人が座ると
舞台下は、ちょっと見えなくなるかもという感じでした。


クローク近くのショーウインドーで発見

「シンバの死体風・ぬいぐるみ」
ライオンキング シンバぬいぐるみ

なんだか知らんけど、観た瞬間妙にウケてしまったシンバのぬいぐるみ。
目が入ってないだけで、こんなにシュールな出来になるとは。

売り物だとは思ったのですが
買う気は無かったんで、写真に撮って

「ちょっと可愛い」

と思った気持ちだけ保存しました。


そして心配しつつミュージカルが開始

ネタバレになるんで内容は詳しく書きませんが、

直前にぐずって泣きはじめてしまい、
始まる前からスタッフに「外に行かれますか?」と言われた姪っ子。

開始前、会場が真っ暗になった事にビビって
伯母さん(←私)の手を、ぎゅっと握って離さなかった甥っ子も

ライオンキングのオープニングのド迫力に
「ポッカーン」の後は、もう夢中。

結果、元々「お子様観劇イベント」などに行くと
ノリノリ体質の2歳の姪っ子は、泣くことなく真剣に観劇。

シーン終わりの拍手も毎回しっかりパチパチとして、
最後まで母の膝の上で、静かに観劇ができました。


甥っ子は、1時間20分位と長めの第1幕が終わり休憩に入ると
「もう終わってしまった。続きは無いの?」と、残念そうに。

特に「ティモンとブンパァの掛け合い漫才」が
とてもお気に召したらしく、彼らが出てくると背筋がピーンで必死。
シンバやナラの暗い曲になると
ダラーンとして、興味ゼロになってましたが。

終わってから感想を聞いたら「素敵に楽しかった」そう。


5歳と2歳とのライオンキング観劇の感想

ライオンキングのお話自体が、単純でわかりやすい事と
舞台装置が派手な事、また1階席だったので
座席近くのパフォーマンスも多かった事で
5歳と2歳の幼児でも飽きにくかったようです。

親や伯母さんは、横でいつ「おしっこ」や「外に行きたい」って
騒ぐかと、ハラハラしながら観劇してましたが良かった良かった。


他に小さい子もチラホラいたのですが
みんな静かだったから、

普段アニメ映画とかを、じっと集中して見れる子なら
「飽きて騒ぐんじゃないか」とか深く考えず
気軽に観に行っても大丈夫なんじゃないかと思えました。

女の子だったら特に大丈夫そう。


劇場ロビーにはプライドロックのプチ模型がありました

帰りにプライドロックのプチ模型で、子供たちだけ記念撮影。

個人的には片手をぐっと天に延ばして
「シンバポーズ」をしてほしかったのですが、

お子様たちは、なぜか誇らしげに
ウルトラマンの「シュワッチ!!」のポーズ。


とりあえず1枚撮って「他のにして~」と頼んだら、
おでこにチョキの「ウルトラビーム」にしやがった。


周りのお姉さま方にも「ウルトラマン、可愛い~」と言われ、
益々誇らしげなお子様たち。

シンバのはずが、ずっとウルトラマンだったよ(泣


[劇場が入ってるハービスentの、クリスマスモニュメント]

ハービスentの、クリスマスモニュメント

お外に上半身、室内に下半身というトナカイさん。
光輝いたお尻と、背後の風景が綺麗でした。



当日の出演者一覧

ライオンキング劇団四季出演者一覧 >拡大可


データ

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ディズニー ライオンキング ミュージカル <劇団四季>

劇場
大阪四季劇場
商品名/値段
大人S席/8,800円(会員価格)
子人S席/5,000円
検索
  →「ライオン・キング」を、楽天市場で探す
  →「ライオン・キング」を、Amazonで探す
  →「ライオン・キング」を、Yahooショッピングで探す
タグ:[日記]

前のページへ
サイト内関連ページ
RSS Feed Widget



twitter



最新記事



先月の人気記事