日記 >2014年10月20日

「秋の阪急レールウェイフェスティバル2014」に行ってきた

2014-10-20

阪急電車のレールウェイフェスティバルに、
6歳の甥っ子と3歳の姪っ子と、張り切って行ってきました。

阪急電車のレールウェイフェスティバル2014

混雑する前に、と8時20分頃には現地に着くように行ったのですが
すでにその時間には入場待ちの行列が出来ていました。

それでも、やはり早かったおかげか
前から数えた方が早いという位置はゲット。


ただ入場が始まると、前に並んでいた大人たちが
一方向へとまっしぐらに突進していき、
私たちが目指していた、会場内のお子様コーナーはスカスカ状態。

どうやら、阪急電車のグッズのオークションや
限定品販売のコーナーなどへと、大量に移動したようで
なんだか空いててラッキーな状態でした。

はしれ!ちびっこ列車

阪急電車仕様のミニ列車。またいで座って乗ります。
小さい子たちが楽しそうだったり、真剣顔だったりと見てて可愛かった。

後で知るところによると、小学生以下限定だったそうですが
幼く見える小1の甥っ子はスルーで乗せてもらえてました。
下の子だけしか乗れなかったら拗ねるとこだったので良かったよ。

レールの周りから良く見えるので、ビデオも撮りやすかったです。


キッズステーション

100円でチケットを買って、色々なゲームをして景品ゲットのコーナー。
ゲーム全部しても300円(400円かも)位なので、全部することに。

パチンコ的なボールを1~4等の穴に入れるゲームや、
スーパーボールすくい・ミニ電車を押してピッタリ止めるゲームなどがあり。

貰える景品は電車とはあまり関係なく、鉛筆セットやお洒落グッズなど
100円均一のおもちゃコーナーで売ってる感じの物が多かったですね。


洗車体験会

阪急電車の洗車を、車内から見ることができるイベント。
洗車マシーンに入るシーンがみれる、車両の一番前と後ろが人気でした。

行って帰るだけですので、5秒位の水浸しが車内で2回体験できます。
付き添いの大人にはつまらないですが、子供にはそれなりにウケてました。


手回しオルガン体験

六甲オルゴールミュージアムから来てました。

映画などに出てくる、サーカスで回してるような物だったので
6歳はクルクル回転させると音楽が流れるのが面白かった様子。

結構早めに回さないと綺麗に流れないので
小さい子だと、のぉぉーん的な微妙な音が流れてました(笑)


記念撮影

阪急電車の運転席の窓風の張りぼての前で写真が撮れます。
駅員さんが撮ってくれるので、家族全員でうつれます。

子供には車掌さんの帽子の貸し出しがあり、かぶって敬礼なんてしたら超可愛い。
進むのは早いですが結構並んでましたが、
端っこにあるので気にしてないと見過ごすかもしれないです。


阪急バス車両展示

バスの制服の上着を着せてもらえ、
運転席に座ってハンドルが触れたり、写真が撮れたりできます。

バスの横には阪急タクシーも置いてあって、
それにも乗る事が出来ます。ここでは風船も貰えました。


踏切・表示器の展示

カンカン鳴る踏切の遮断機や行先表示などを操作できる所。
空いている時に行ったので、しつこいくらいに鳴らすは触るわで
親の方が「もうええやん・・」とゲッソリしました。


マナーアップ戦隊マナブンジャーショー

3回公演で、15~20分位あったかなー。
ダメ親父マナブがエコに目覚めるまでの感動ストーリーです。

[最初にゆるキャラが出て来た]
阪急レールウェイフェスティバル・キャラクター
名前は忘れちゃった。なんか忍者的な名前だったような気がする。

[マナブを悪から救うためマナブンジャー登場]
マナーアップ戦隊マナブンジャー登場

[マナブンジャーにみんなの声援を]
マナーアップ戦隊マナブンジャーの戦い
子供たちの「頑張れ~~」の声援で、マナブンジャーは強くなります。


大人からみると「しょーもない」のですが、さすがお子様たちは真剣です。
前列だと悪役着ぐるみがかなり接近してくるので、幼児はビクッとしていました。

しかしこのショーが、社員さんたちが練習して発表しているのかと思うと
ちょっと感動。大変そうとも思いましたが、ノリノリの楽しそうにも見えたんで
意外にマナブンジャー役ゲットは社員の中でのステイタスだったりして。


阪急電車のレールウェイフェスティバルの感想

もっと混雑しているかなと思っていたのですが、
事前に応募制の為か程よい混み具合でした。

子供が簡単に楽しめるイベントやコーナーばかりですし
接客してくれる社員さんたちも、子供相手なので愛想がよくて素敵。


お昼ご飯用に、おにぎりとパンを持っていったのですが
屋台も出ていたので、唐揚げを買ったりおやつも買ったりしました。
食べる場所も用意されてたので便利でしたね。

朝早く行ったので、12時半位に引き上げたのですが約4時間で
ゲームしてショーを見てご飯を食べて、電車を見て回ってと
沢山のコーナーを回る事ができて楽しかったです。

それにイベント自体に活気があって、ちょっとした遊園地の雰囲気。
阪急バスのイベントにも行ったことがあるのですが
こっちの電車の方が面白い。また機会があったら行きたいです。



クイズラリーに正解でもらえる景品


メモ帳かなと開けたら、
阪急レールウェイフェスティバル景品<拡大

 ↓ ↓

ポストイットだった。可愛い・・
阪急レールウェイフェスティバル景品の中身<拡大


データ

阪急電鉄 昭和の記憶: 京阪神を駆け抜けるマルーンの思い出

開催日時
2014.10.19(9:00~15:00)
開催場所
阪急電鉄 正雀工場
参加方法
参加証を貰うためには、事前応募が必要
検索
  →「電車の絵本・児童書」を、楽天市場で探す
  →「電車の絵本・児童書」を、Amazonで探す
  →「電車の絵本・児童書」を、Yahooショッピングで探す
タグ:[日記]

前のページへ
サイト内関連ページ
RSS Feed Widget



twitter



最新記事



先月の人気記事