日記 >2014年5月9日

「手作りのいちじくジャム」を貰いましたよ

2014-05-09

母から去年の秋に作ったという、手作りのいちじくジャムを貰いました。

いちじくのジャム


蓋を開けたらこんな感じ

いちじくのジャムの中身


母はキッチリとした性格なので、

ジャムを入れる前のビンは、しっかりと煮沸消毒し
入れた後も、ちゃんと湯煎で真空にしてから保存するので、
冷蔵庫で1年は大丈夫だそう。

そのおかげか、母から貰うジャムは
毎回きれいなスプーンですくうようにすると、カビは生えない。


そして真空になってるので、市販品のジャムと同じく蓋が固い。

なので缶切りの端などを、蓋の隙間に差し込んだりして
ポンと空気を入れて開けることになります。

今じゃポンて音がしないと
「ゲッ真空じゃなかったのかも」と不安になる(笑)

すぐ食べるなら、煮沸とか真空とかしなくてもいいんじゃない?

とか思うでしょうが、
以前、伯母から煮沸・真空無しの木苺ジャムを貰い
1ヶ月かけて食べてたら、最後の方に青カビが生えた。

やはりすぐ食べるにしても
煮沸した容器に入れる方が良いかな、と思います。


朝ごはんのヨーグルトと共に

いちじくのジャムとヨーグルト

毎日食べてる「BIOヨーグルト」に入れて食べます。

手作りのは果肉を感じられるので、
歯ごたえもあり美味しいです。

今回貰ったいちじくジャムは、
匂いも味も「いちじく」食べてます!となる味。

傷みかけの見切り品を使ったそうなんで、
熟してて味が濃くなったのかもと勝手に推測。

生のいちじくは、あんまり好んでは食べないんですが
ジャムになると美味しいな~と思ったのでした。



クックパッドのレシピ

Cpicon 簡単すぎるいちじくジャムの作り方 by 春乃洋菓子店


データ

特に無し

検索
  →「いちじくを使った商品」を、楽天市場で探す
  →「いちじくを使った商品」を、Amazonで探す
  →「いちじくを使った商品」を、Yahooショッピングで探す
タグ:[日記]

前のページへ
サイト内関連ページ
RSS Feed Widget



twitter



最新記事



先月の人気記事