タイトル背景

コストコのフードコートで売ってる
「ホットドッグ」を食べてみました

2015-01-25

タグ:[パン]

コストコ「ホットドッグ」

何度も平日には行っていたのですが、日曜日に行ったのは初めて。
ある意味今日は「初コストコ」を体験をしてきました。


いやー混んでますね。
平日には少数派の、子供と父親の両方連れ家族が多い。

でも試食の数は多いし活気もあるので、
いつもの倉庫な雰囲気は薄れ

スーパーマーケット感が凄かったです。疲れたわーー。

コストコフードコートのホットドッグ

いつもは買い物を済ますと
フードコートに見向きもせずにサッサと帰るのですが、

ネットで「ホットドッグ」が、妙に絶賛されていることに
今更気付き、買ってみることにしました。


スポンサーリンク


コストコのホットドッグ、中身はこんなの

初めてなので要領がいまいち分からず、トッピング全乗せ。
コストコのホットドッグの断面


アメリカ式なのか、
ケチャップ・マスタード・トッピングの野菜を

乗っけたり付けたりする機械の場所があって、そこで自分で味付け。

混んでたので焦って、なんだかよく分からんまま
3つのトッピング全てを大量に乗せてしまいました。

最後のキャベツなんて山盛り状態。

コストコのホットドッグ、お味の感想

その場では食べず持って帰ったので
湿気でパンがシットリ、というより水っぽくなってしまう。

一応レンジでチンしたけど、
温まっただけでシットリ感は改善されず。


なので味についての感想は、大きな声では言えないのですが
それでも思うに「普通」な美味しさなのでは。

それにトッピングの配合によっては、
全く違う味になりそうな気も。


なんかこの自分で付ける方式は、
ホットドッグを食べ慣れてて「これは多めじゃないと!!」

てなこだわりがある人ならいいけど、

普段あまり食べず「ドッグ初心者」な私にはちょい面倒くさい。

そしてホットドッグといえばソーセージ。
ソーセージと言えばホットドッグ。

なのかどうかは知りませんが、そのソーセージについて語ってみると


コストコのホットドッグに入っているソーセージは
太さがかなりあるので食べごたえがあります。

見た目では硬いのかな、と思わせますが
イメージよりは柔らかい。食べやすい歯ごたえですね。

色は茶色ではなく、赤い色をしていました。


全体的に食べてる時はあまり感じなかったのですが

食べ終わりがソーセージだけになり、
それだけを食べたら凄く塩からかった。

日本のスーパーで売ってるソーセージの倍は塩入ってそうです。

ただ値段は安い。
お替り自由のドリンクとセットで180円。

これだとマクドのお安いはずのバリューセットが、
馬鹿みたいな値段に思える。

なのでファストフードと思えば、
全然美味しいホットドッグだし

香辛料的なスパイシーさもほぼゼロなので、子供でも食べられる。


そう思えば、ネットのように絶賛とまではいかなくても
リピートが多いのには納得。

だって乗っけるの面倒くさいと言ってる私でさえ

「うーん。次はマスタード・玉ねぎ多めで、キャベツ少なめだな」

とか考えてるし。


今度は湿気たパンではない状態。
そう、フードコートで食べてみようと思います。


コストコのホットドッグ、商品データ

購入店コストコ尼崎
購入日2015.01.25
購入価格180円(税込)
内容量ドッグ1本+フリードリンク

その他、コストコのフードコート詳細


尼崎店のフリードリンクは、
・ウーロン茶
・なっちゃんオレンジ
・ペプシとペプシゼロ(NEXだったかも)
・マウンテンデュー(←何これ)


私は一緒に行った、甥・姪も飲めるよう炭酸なしの
「なっちゃんオレンジ」を入れて帰りました。

いつも果汁100%しか飲まないので、果汁50%の味の薄さ
そして甘さに驚く。水っぽいオレンジジュースって久々だったわ。

2015.01.25現在

検索


スポンサーリンク


こちらの記事もどうぞ

RSS Feed Widget

前のページへ
Copyright(c) 2013- kojare Te-ra. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com