Food >お菓子 >アップルシナモンパイ

りんごの果肉は少なめでした「業務スーパーの、アップルシナモンパイ」

2013-11-07

業務スーパーで発見。

6個で298円は安いかもしれん、美味しいかもしれん、
気軽に作りやすそうじゃないか!


という展開で、妙に気分が高まり購入してしまいました。

業務スーパー アップルシナモンパイ


[中はこんな感じで、6個入ってます]
業務スーパー アップルシナモンパイ焼く前

袋の写真のように焼けた状態でのモノを想像していたので、
薄っぺらい物体が現れ少し驚いた。

そういや6個入ってる割には、袋の厚みが無いなとは思っていたけど
生のパイ生地から焼くタイプだったんですね。


焼き上がり
業務スーパー アップルシナモンパイ焼き上がり

卵黄を塗ってるので、こんがりとしていい色です。

大きさは、女性の小さ目な手のひらサイズ。
生の状態の時より、3倍位は膨らみました。


アップルシナモンパイの断面
業務スーパー アップルシナモンパイ切り口

黒い固まりはレーズンで、周りのジャムっぽいモノにリンゴの風味があります。


シナモンの風味は強めに感じました。

ただ袋の写真のようにリンゴ果肉が
ゴロゴロではなく、リンゴはかすかな食感のみ。
ゴロゴロを期待していたんで、ちょっとショックでした。

そしてパイのサクサク感は少なめ。

表面の焼き上がりはイイ感じなんですけど、中身がジャムっぽいので
内側からすぐにシットリしてくるから、クニッとした歯ごたえになります。

味はマクドナルドのアップルパイに似てます。
だからケーキ的なパイというよりは、菓子パン。

マクドのパイは結構好きなんで、美味しく頂けました。


しかしこの商品は、焼き加減が難しかった

業務スーパー アップルシナモンパイ作り方

 ↑ この作り方を参考に、そこそこ忠実に作ったのですが、


  1. 室温で解凍したら、下側の部分がベトベト。そのまま焼いたらアルミに張り付いたので、 2回目は冷蔵庫で気長に解凍。そしたらベタベタにならずうまくいきました。
  2. 180℃で15分焼き上げたら、生焼けだった。
    電気オーブンだからかなと思い、2回目は180℃で25分焼いたらうまくいきました。

私のように電子レンジ+オーブンタイプのもので焼く場合は、
時間を長めに設定して加減を見つつ

良い頃合いで取り出すという方式の方が、上手に出来上がると思います。

[1回目の失敗作~]
業務スーパー アップルシナモンパイ失敗作



その他詳細

業務スーパー アップルシナモンパイ原材料 <<拡大可


データ


購入店
業務スーパー (神戸物産)
購入日/賞味期限
2013.9.01→2014.6.20
値段/内容量
298円/6個(360g)
検索
  →「パイ生地の、スナックやスイーツ」を、楽天市場で探す
  →「パイ生地の、スナックやスイーツ」を、Amazonで探す
  →「パイ生地の、スナックやスイーツ」を、Yahooショッピングで探す
タグ:[洋菓子]

前のページへ

[業務スーパー関連記事]

サイト内関連ページ



twitter



先月の人気記事

RSS Feed Widget



最新記事

RSS Feed Widget