タイトル背景

成城石井で買った
「とろとろ糀のスムージー(マンゴー)」を飲んでみた

2015-02-01


成城石井で買った「とろとろ糀のスムージー(マンゴー)」

成城石井のジュースコーナーで見かけて

なんとなく手にとり、
なんとなく買ってしまったスムージー。


これは米と米麹で作った甘酒に、
マンゴー味が付いてるものだそう。

それを知ると、これまたなんとなくですが

「麹入り」なので、粒々な食感がある飲み物
だと勝手に思ってしまいました。


容器はガラス瓶。
糀は発酵食品だからガラスにしたのかな。

成城石井・とろとろ糀のスムージー(マンゴー)パッケージ
(砂糖・香料・添加物は不使用です)

[とろとろ糀の開け口]
とろとろ糀のスムージーのキャップ部分

アルミのフタをパカッと取るタイプ。

一度開けると閉めれません。


スポンサーリンク


とろとろ糀のスムージー(マンゴー)中身はこんなの

マンゴージュースと同じ、オレンジ&黄色な色味。
とろとろ糀のスムージー(マンゴー)コップに入れたところ

とろとろ糀マンゴーを拡大
とろとろ糀のスムージー(マンゴー)の中身

近くでよく見ると、マンゴーに牛乳をいれたような色してます。


見にくいんだけど、
スムージーを入れたコップの淵にちょっと粒々がつく。

この粒々で、米・米麹が入ってるという感じがします。

とろとろ糀のスムージー(マンゴー)お味の感想

かなり気にして嗅がないと、マンゴーな匂いは無し。

どっちかというと、
塩麹を水に付け発酵させた時と同じ匂いがします。

いわゆる発酵の香りなんですが、
酒粕の香りにもちょっと似てるかな。


そんな事を思い、一口目を飲んだら

「ドロっとしてて重い」
「後味に米がかなりあり、甘さの残り方が独特」

という食感で、これはかなり好き嫌いが分かれそうだと思った。

甘酒の質感と味から、日本酒臭さを抜いた感じで
なぜこれがスムージーなのかと疑問に思い検索してみたら


スムージー ~wikipedia

凍らせた果物、又は野菜等を使った、シャーベット状の飲み物のこと


って、これがスムージの定義なら
この商品は基本的にスムージーとかけ離れてるのでは。

(大きさはこれくらい)
とろとろ糀のスムージー(マンゴー)の大きさ

この「とろとろ糀」は、飲むというより
ドロっと感から自然と「噛みしめて飲んで」しまう飲み物。

砂糖は入っていないですが、ほのかな甘さではなく
しっかりとした甘さが後からジワーと口の中にしみてきます。


甘酒が好きな私でも、初めはその甘さに
「うっなんか来た」という違和感がありましたが、

何口か飲むとその後味の甘さにも慣れた。

南国らしい強い味があるマンゴーですが、
これに関しては米麹と米の風味に負けたのか、

ちょっとフルーティーてな位になってる。

それと初めにあると思ってた粒々は、
コップの端には付くのですが

飲んでると、全く分かりませんでした。


また瓶の首に付いていた紙に「朝活」として、
朝に飲むことがオススメされてましたが

飲むと「朝ね。分かるわー」となった。


米を飲んでますという感じなので、お腹に溜まりそうだし
味が濃いので飲んだ後、お水も飲みたくなるから水分補給もバッチリ。

お味は特別美味しい訳でもなく、不味いとも言えないのですが
甘酒が平気な方なら許容範囲なお味だ、とだけは言える。

あと、買った時には量が少なく思えたのですが
飲んでみると「意外に多い」という感じになったので

もう少し値段が安ければ、
簡単に取れる朝食として一部には受けそう。


商品の雰囲気的には、

なんかヤクルトみたいに一週間に一回の
宅配販売とかすれば継続的に売れそうだなーとか思いました。




成城石井の包装
割れないように紙袋で包装


とろとろ糀のスムージー(マンゴー)商品データ

購入店 成城石井
メーカー 国分(株)
購入日→賞味期限 2015.01.25 → 2015.03.24
購入価格 216円(税込)
内容量 160g
カロリー 131kcal(1本当たり)
原材料名 米、マンゴーピューレ、米こうじ
2015.01.25現在

検索


スポンサーリンク


こちらの記事もどうぞ

RSS Feed Widget

前のページへ
Copyright(c) 2013- kojare Te-ra. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com