Food >お菓子 >昔ながらのかりん糖

埼玉県・匠屋本店さんの「昔ながらのかりん糖」を頂きました

2013-04-03

実家に贈答の缶入りお菓子があったので、
何かと覗いてみたら「かりんとう」と書いた袋が3つほど入ってた。

正直かりん糖は自分では買わないし、あんまり好きではないんですが
ちょっと高級ぽかったので「1袋おくれよ」と頂いて帰りました。

匠屋本店 昔ながらのかりん糖


袋を開けると黒糖のいい香りが。1個ずつのサイズも大き目です
匠屋本店 昔ながらのかりん糖の中身

かなり多めにお砂糖がコーティングされていて、ジャリジャリした歯ごたえがあり。

見た目では全然わからないですが、食べるとゴマの風味も感じます。

断面はこんな感じ
匠屋本店 昔ながらのかりん糖の断面

柔らかそうにも見えますが食べたときは固くカリッとしてて、
噛んでいくとホロッとくるイイ感じの食感。

緑茶ではなくブラックコーヒーと一緒に食べたのですが、
コーヒーの苦さが丁度いい位の甘めのかりん糖でした。

甘いですがコーティング黒糖のジャリジャリ感と歯ごたえが気に入り、
もちろん味も美味しくて、1回で結構な量を食べてしまいました。

普段、親が食べてる200円位の細いかりん糖は
食べても美味しいと思ったことが無かったので、自分でも驚き。


今までかりん糖は、嫌いなお菓子と断言していましたが
かりん糖にも色々あったようで、これは好みな味のかりん糖だった。

黒糖が嫌いな人には絶対無理な味ですが、
かりん糖が好きで黒糖も平気な人なら、きっと美味しいと言うと思う。

食べごたえもかなりあります。


近くにお店は無いので自分買いは微妙ですが、また貰えるなら喜んで頂きます。



その他詳細

匠屋本店 昔ながらのかりん糖 裏側説明 <<拡大


データ


購入店
株式会社 匠屋本店
賞味期限
2013.6.9
内容量
250g
検索
  →「かりん糖」を、楽天市場で探す
  →「かりん糖」を、Amazonで探す
  →「かりん糖」を、Yahooショッピングで探す
タグ:[お菓子]

前のページへ
サイト内関連ページ



twitter



先月の人気記事

RSS Feed Widget



最新記事

RSS Feed Widget