タイトル背景

ハーパーズ・アイランド 惨劇の島

2011-08-02

タグ:[海外ドラマ]

目次


スポンサーリンク


「ハーパーズ・アイランド 惨劇の島」ネタバレレビュー

ネタバレ あります


7年前に無差別殺人事件が起こった島。

その島で結婚式をしようと訪れた人々が7年前と同じ手口で次々と殺されていく。

しかし犯人は射殺されたはず。
一体誰が、何の目的で殺しているのか…。


というストーリーのドラマ。

ただ思うに、このストーリーに13話も必要なかったんじゃないかと。

最初の何話かは、次々と捨て駒の様に友人や身内が死んでいってるのに
全く周りが気付かないという、ありえない状況がしばらく続いたので
ほとんど流してみていて、いまいち面白くなかった。


でも殺された人たちが見つかっていき、
トリッシュの父親が死んだ辺りから面白くなってきたのに
最後の3話が訳分からない展開になってて、あっけなく終了。

どうせならせっかく13話も作ったんだから、
いつもそばにいたはずの犯人が

いつどんな風に殺人を実行したのか
って種明かしをもう少し見せてもよかったのでは。

犯人が、なぜそこまで思いつめたか。なぜ殺人犯になったのか。
そのすべてを知っても、動機なんてあってないようなもん。

ストーリーも、家族の揉め事とか恋愛問題など色々入って
感情移入しやすくしてる感じはあるんですけど
肝心の謎になると「なぜそうなんよ」と詰めが甘い。


また犯人の動機が、父親に会った瞬間「絆」を感じた。
そうだ殺そうイェイ、って。

血のつながりで、幼少期からサイコな気があった
とかだったらまだ分かるんだけど、それまで全く普通だった人が
急に鎌もった男が現れたからって全員殺す?

愛しのアビーは、学生時代は島に彼氏がすでにいたから
過去はまぁ仕方ないとして

彼氏と別れた後、ロスに引っ越した時でも
アビーに求愛してても良さそうなもんだが。
妹と知らなかったんだし、基本アビーは兄妹と知らないんだから。


それでもアビーに振られたんなら、きっかけとしてはアリなんだけど
何にもしない内から、なぜトリッシュにいく。

そして、なぜ一番邪魔なジミーから殺さない。


また最後のアビー監禁の仕方も甘すぎる。
開放感たっぷりで、窓割ったらすぐ逃げれる家はダメでしょう。

もうアビーが愛してくれること前提だから、どうでも良かった?

とりあえず結論的には、頭がおかしくなった殺人犯には
凡人が納得できる理由なんて無いんだよ、という事なんでしょうかね。

このドラマ。普通に楽しくは見れたんですけど
映画の「スクリーム」みたいに

「うーん結局しょぼい犯人だし、訳もわかんないけど面白かったし。まっいいか」

と押し切る勢いが無かった。なんだか納得いかない感じで終わりました。


だけど全員場所移動しすぎ(笑)
色々な理由で、集団行動ではなくバラバラに動く動く。

サスペンスホラーでは定番なんで仕方ないのですが、
誰かが移動し、行動起こすたびに殺される人が増えるんだから
動かずジッとしときなさいよ、と言いたくなる。


ところで最初に「船のスクリューで殺された人」
の事は家族の誰かが気付いたんでしょうか。
私もすでに、何者だったのかも覚えていませんが・・。


ハーパーズ・アイランド 惨劇の島*データ

原題HARPER'S ISLAND
公開/制作国/放送局2009年/アメリカ/CBS
エピソード数全13話
鑑賞した放送局スーパードラマTV(2011年)

検索

ハーパーズ・アイランド 惨劇の島*エピソードタイトル

  1. ハーパーズ島への船出 / WHAP
  2. 獲物を高く吊るせ! / CRACKLE
  3. タトゥー・ガールの眼は赤い / KA-BLAM
  4. 水の中のワイフ / BANG
  5. 頭上の凶器 / THWACK
  6. 偉大なるウェリントン家の人々 / SPLOOSH
  7. 私をキャンプに連れてって / THRACK, SPLACK, SIZZLE
  8. 彼らはフェリーに間に合わなかった / GURGLE
  9. 明るくなるまで待って / SEEP
  10. 裁かるるミルズ / SNAP
  11. 地下道は出たけれど / SPLASH
  12. 崖の上のトリッシュ / GASP
  13. 悲しみは海の彼方に / SIGH

ハーパーズ・アイランド 惨劇の島*出演者

役名俳優吹き替え
ヘンリー・ダンクリストファー・ゴーラム内田 夕夜
マーティ・ダンハリー・ハムリン堀内 賢雄
J・D・ダンディーン・チェヴァラ川中子 雅人
アビー・ミルズエレイン・キャシディ本田 貴子
チャーリー・ミルズジム・ビーヴァー楠見 尚己
トリッシュ・ウェリントンケイティ・キャシディ竹田 まどか
トーマス・ウェリントンリチャード・バージ広瀬 彰勇
キャサリン・ウェリントンクローデット・ミンク片貝 薫
シェイ・アレンジーナ・ホールデン日野 由利加
リチャード・アレンデヴィッド・ルイス芦沢 孝臣
マディソン・アレンカサンドラ・ソウテル釘宮 理恵

役名俳優吹き替え
ジミー・マンズC・J・トマーソン津田 健次郎
シェーン・ピアースベン・コットン斉藤 次郎
マギー・クレルビヴァリー・エリオット高橋 里枝
ニッキー・ボルトンアリ・リーバート下田 レイ
ケリー・シーヴァーアナ・メイ・ルートリッジ田中 晶子

役名俳優吹き替え
クリストファー・(サリー)サリヴァンマット・バー小松 史法
マルコム・ロスクリス・ゴーシャーかぬか 光明
ダニー・ブルックスブランドン・ジェイ・マクラレン逢笠 恵祐
ジョエル・ブースショーン・ローガン茶花 健太

役名俳優吹き替え
クロエ・カーターキャメロン・リチャードソン落合 るみ
カル・ヴァンデューセンアダム・キャンベル成田 剣
ベス・バリントンアンバー・ボリッキー明石 香織
ルーシー・ダラモアサラ・スミス安藤 瞳
ハンター・ジェニングスヴィクター・ウェブスター高橋 英則

スポンサーリンク


こちらの記事もどうぞ

RSS Feed Widget

前のページへ
Copyright(c) 2013- kojare Te-ra. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com